日々是好日

ボーダーコリー「黎風」と「月音」飼い主「はく」の日常。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

つれづれに訓練とは

何かまた改めて考えさせられたのだけど・・・。

服従(訓練)はすべての作業の基本だと思います。
犬とのコミュニケーションであると思うのです。

が、何でか言葉のイメージか訓練っていい受け止め方はされないんだよね~。
強制というのにも色々な強制があって、決してぶん殴って無理やりさせることだけが強制ではないんだよ。そーいうイメージっぽいんだけど。

ま、世の中には訓練士で犬蹴ってるやからもいるけども。

呼び戻しがきちんとできたり、待てで待つことがきちんとできるってだけでも、犬との生活は数段楽しいものになると思うんだな。

ま、リーさんのようにガウだとどこでも一緒には無理だけど(^^;
そこはそれ小さい頃の馴致不足が大きいわけで。。。

そーじゃなければ、一緒におでかけも楽しめるし、旅行だってできる。
なんつーか、犬が人間社会で快適に生活できるために、その手助けをできるのが訓練だと思うので。
そういう仕事である訓練士さんってやっぱすげーと尊敬する訳で。

ただ、あたしはイチ飼い主だから、訓練士さんのように限られた時間で訓練しなきゃいけない訳ではないので、無理そうだから諦めるという選択は無い(爆)継続することが大事なのですよ。諦めないこと。だって飼い主だもん。飼い主が諦めたら犬はそこで終わってしまうじゃん。

飼い主として訓練やってて、自分が下手くそだなぁと思うのは「褒め」なんだな。
ここは不得意だけど、犬を褒めで喜ばせる事ができるようになったら、ちゃんと自分の言いたい事が犬に伝えられるのになーといつも思う。

ダメダメ指導手でゴメンよ。

それとね。

リーさんは物欲はございません。食欲は有り余る程ですが(爆)
どんなに物欲があっても、指導手とのコミュニケーションができていなければ何にもなりまへん。

例えば、袖を噛みたいっつー欲があるシェパこがどんなにいい噛みであったとしても、指導手の「離せ」というひと言で、スパッと袖を離さなければ、その作業に意味が無くなってしまう。

本当にいい犬はもっと噛みたくても、指導手のコマンドで袖を離して冷静になれる犬だと思います。
袖に限らずね、フリとかもそーだけど。

まず初めに犬とのコミュニケーションありきでしょう。

ので、欲が無くても訓練はできると思う。
訓練に向き不向きって無いと思うんだな。どんな犬でも。

そりゃ、いつでも表彰台のてっぺんに上がれるような犬には全ての犬がなれる訳ではないけど。
どんな犬でも飼い主とのコミュニケーション手段として訓練を楽しむことはできる。

犬が10頭いたら10通りのやり方がある。はS先生の言葉だけど。
それぞれの犬に合った方法を選んであげることも大事。

信頼できる訓練士さんをみつけることも大事だ。

そーいう意味では、S先生にもM先生にも大変お世話になっておりますなのだ。
こいつなんか違うっって訓練士には当たってないのも、ありがたいことだな。
カード貰えるよーになったのはU君のお陰だし。

沢山のみなさんのお陰で今があるんだな。あたしもリーさんもアホも。

いつまでたってもダメな指導手だけどさ~。
どーか見捨てないでご指導下さい(笑)

| はく | 2009-07-29 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>