日々是好日

ボーダーコリー「黎風」と「月音」飼い主「はく」の日常。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

覚え書き

実際、選別の競技に出てみるまで、訓練士さんに確認してもイマイチ人によって意見が違ってたりした部分があり、いちお今回のJKCに出たことでこうなのかなって思ったところをメモっておくことにする。

=JKCの規定=

第6章 足跡追及・臭気選別競技課目

(足跡追及)
第8条 足跡追及競技課目の実施要領は次のとおりとする。
   (1)自臭の足跡追及(紐付き)
     犬を所定の場所に待機させる。指示により指導手は約100歩
     (2屈折・3コース)の足跡を印跡し、第2コース上に1個、
     印跡終了地点に1個の自臭物品を置く。印跡後すぐ追及を開始し、
     指導手は10mの捜索紐を犬につけて、紐の末端を持ち紐が
     張らない状態で犬の後ろ10mの距離を保ち追随する。
     犬は物品を発見したら、くわえるかポイントする。(くわえるか
     ポイントさせるかは、競技開始前、審査員に申告する。)
     犬が物品をくわえるかポイントしたら、審査員の指示により、
     指導手は犬の元へ行き物品を受け取り・その後作業を再開継続する。
     犬が最終物品を発見したら、指導手は物品を受け取り審査員に渡し、
     脚側停座させて終わる。
   (2)他臭の足跡追及(紐無し)
     犬を所定の場所に待機させる。100歩以上(4屈折以上・5コース以上)の
     足跡を印跡し、コース途中に1個、印跡終了地点に1個の他臭物品を置く。
     印跡後すぐ追及を開始し、指導手は紐を外し、犬の後ろ10mの距離を
     保ち追随する。犬は物品を発見したら、くわえるかポイントする。
     (くわえるかポイントさせるかは、競技開始前、審査員に申告する。)
     犬が物品をくわえるかポイントしたら、審査員の指示により、指導手は
     犬の元へ行き物品を受け取り、その後作業を再開継続する。
     犬が最終物品を発見したら、指導手は物品を受け取り審査員に渡し、
     脚側停座させて終わる。
(臭気選別)
第9条 臭気選別競技課目の実施要領は次のとおりとする。
     なお、順位決定に際しては、作業態度も審査対象とする。
   (1)自臭の臭気選別
     指導手臭を付着させた物品(布)を本物品とし、同じ形質の誘惑物品
     (4名が着臭した物品)4個とともに出発点から10m離れた前方の
     選別台上に指導手に判らないように配置する。指導手は犬と共に
     選別台を背にしていることとする。指示により指導手は犬と共に
     回れ右してから、犬に本臭をかがせて発進持来させる。犬は持来
     したら直接脚側停座するか、又は指導手の直前に一旦対面停座し、
     物品を受け取る。一旦対面停座した犬は脚側停座させてから、受け
     取った物品を審査員に渡し終わる。
     (連続4回行う・作業時間は本臭をかがせ始めて1分間以内)
     第2次作業は、連続4回成功した犬を対象に行う。その場合には
     異物品(ビニール・箸・紙等)を使用することがある。
   (2)他臭の臭気選別
     前号の要領に準じて行うが、本物品と誘惑物品(4名)は、他人臭で
     合計5個を用いて行う。
     (連続4回行う・作業時間は本臭をかがせ始めて1分間以内)


☆PDのような2mラインは無し(但し、声掛けは2次では減点対象の模様)
☆自臭の場合、台にさす分と嗅がせる分の布を2枚渡され(2枚とも切れ目アリ)、自分のニオイをつける。今回はやり方の指示は無し。審査員によっては指示がある場合があるらしい。
☆ニオイは1回ずつ新しいものを使用。
☆1次で4○が1頭しかいなかった場合、2次作業を行なうかどうかは多分、その時によって異なる。
(今回は2次無し)
☆1次は前後動作、指導手態度はともかく(爆)とりあえず4○だったらいい模様(^^;

| オビ(訓練競技会) | 2009-07-14 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。