日々是好日

ボーダーコリー「黎風」と「月音」飼い主「はく」の日常。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

あし

今日は晴れ。

放牧中、坊主が「ひゃん」と声をあげた。
飼い主、真っ青~~~。

ん?良く見たらびっこ右やん?
この前、右びっこだったのも偶然じゃなかったのか?
もしかして、左かばって右まで痛めてるのか。。。

坊主、そそくさと飼い主にぴったりと張り付き。
飼い主の顔を見上げて「ボク、痛いデス」と訴える。
自己主張がハッキリしてる奴です(^^;

撫でながら様子観察。

一度、写真撮った方がいいかもな~。麻酔無しでだけど。
びっこは収まったけど、ジョイントレスキュー使ってみっか。


健康は大事よね~。元気なのは幸せな事よね~。
それぞれ人が犬に求める事は違うけど、あたしはリーさんやつきが一緒に色々ドクスポとかできない犬だからこそ。

いつまでも元気でいて欲しい。
痛みが出ないでいてくれたら。
そう一番に思う。

つよ。まだ2歳なのにね。
痛い思いをするのは可哀想で、心が痛い。
お前が何か悪い事した訳でもないのにね~。




| リーフ&つきね | 2007-10-23 | comments:2 | EDIT | TOP↑

COMMENT

寒くなってきたからご自愛くだされ

そそ。
犬に求めることも付き合い方も人それぞれだ。
誰になんといわれようが、愛して接していれば
間違いであることは絶対ない。

なかなか痛がっている犬を実際間近で見ている人と、
痛がっている犬もいる、と想像だけしている人とでは、
なんでーってくらい意識の違いがあったりもする。

どんなに重症でも痛がらない犬もいるのに、軽症でも
痛みを起こす子もいる、とその昔、新米医者に言われた。
まぁ、その医者は、案に「軽症でも痛みを起こす子もいる、
そう、しぅちんのようにな」と続けたかったんだと思う。
要はワタシの犬管理がダメだったっていいたかったわけ。
で、、、、ワタシは暴れた(爆) 間違ってないもん!
しぅくんへの接し方は!!とな( ̄▽ ̄)
それから2年以上経つが、やっぱりワタシは自分の犬への
接し方は間違ってなかったと思うよ。

運動しなくても、盗み食いしてキッチンを荒らす彼とか、
ワタシのご飯を狙ってヨダレを垂らしまくる彼とか、そんな
ボーダーでもイイデショ、と思う8歳な日々( ̄ー ̄)

| yubi | 2007/10/23 17:28 | URL | >> EDIT

ありがちょ。

そこはそれ、不思議なもので。。。

よく分からないけど、どんなに重症でも痛がらない犬もいるのに、軽症でも
痛みを起こす子もいるのは事実だわね。

ただ、実際痛みが出てるのを見ると、自分の犬管理がダメだったからかな~なんて思っちゃったりしなくもない。。。でも、絶対にそれだけではないけどさ。

なんか、段々しぅしぅのイメージがリーさんに近くなってきたな~(爆)
どんな子でも元気が一番よ~。

| はく@管理人 | 2007/10/24 14:44 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>