日々是好日

ボーダーコリー「黎風」と「月音」飼い主「はく」の日常。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

何のため?

今日は晴れ時々ちょびっと雪。


本日は真面目に悩みます(笑)

元職場は多床の既存型の施設でした。もーちっと利用者側の介護ができそうということで、次はグルホかユニットだなと漠然と思っていた訳ですが・・・。

求職活動の中でユニットの面接を受ける機会もあったのですが・・・。
「ひとりで(業務)できるの?」と聞かれた意味が分からなかったのですが、どーやらマジで1人なのね(爆)

ひとユニットが10人だとしたらば、10人をひとりで見る・・・って無理があるんじゃね?
徘徊(転倒の危険大)、全介の排泄介助、トイレ誘導の訴え、ナースコール連打、絶叫が一気にきたら、どーすんの?それひとりでこなすの?シンジラレナイ。

いや、できるよ。今まで人がいなかった時フロア日勤ひとりでみてたことあるからさ~。
でも、利用者の安全・安心とか無視ですか?

そもそもユニットって何?元々もそういう考え方で始まったの?
何でもかんでもユニットに分ければいいってもんじゃないんじゃね?

本来は利用者本位の介護を、個別にゆとりを持って行う為の形なんじゃねーの?
多床でもユニットでも、大事なのは介護の質なんじゃね?
どういう介護を提供できるか。

「新卒だって半年経てばひとりでこなせる」

そりゃそーかもしれませんが、こなせることが大事なの?
その業務に流される介護の中に、一番大事な「利用者本位」はあるの???

なんか解せん。

てか、なんでそういう形態になってんの?
終の棲家になってて、ターミナルとか扱っているのに、夜間は看護師不在(待機)って何で~?
急変したらどーすんの?ひとりで夜勤やってたら、その人だけにかかりきりになってる訳にいかねーじゃん。

なんか、そういう点では老健の方がマシだな。必ず看護師がいてるだけマシ。

ま、人手不足なのは間違いないのだけれどね。
どこの施設も人手不足が解消することは無いような気がする。
働きやすい環境も給与も無いもん。この扱いじゃね~増えないってそりゃ。

ちとユニット本、図書館巡って読みまくりまする。

| はく | 2011-01-16 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>