日々是好日

ボーダーコリー「黎風」と「月音」飼い主「はく」の日常。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | EDIT | TOP↑

養成?

今日は晴れ。

りーさんとアホを放牧中、おばちゃんに声をかけられた。
良く見たら、同級生のオカンだった(^^;

「はくちゃん、自分で養成してるの?」

と聞かれたので、養成???と思いつつも、訓練のことか?と思い。

「はい」

と答えたら

「増やして売ってるの?」

とか聞かれた。

「いえ」

と答えたが・・・。

(そもそも、りーさんもつも避妊・去勢済みだし^^;)

繁殖=養成ってことか???

多分、あたしは一生繁殖する事は無い。
産まれてくる犬たちの人生全てに責任が持てないのなら、繁殖なんてすべきではない。

そもそも、売り買いできるっつー感覚が分からないのだ。

ま、鰤がいて、売ってくれるからりーさんともつとも暮らせているのだが。
でも、自分から選んでそれをしようとは思わない。

たとえ数日でも一緒に暮らしてしまったら、どんな子でも可愛い(暴れ者リーさんでもだ)
それを例え高額な金額を払うので譲ってと言われても、それは無理なのよ。

自分のこういう犬が欲しいという欲求を満たすために、交配をするというのもできんし。

もし繁殖するなら、ワーキングタイプで、性格のいい犬同士で、遺伝疾患が近い系統で出ているのは除外して、両親共に全ての検査してて、適正な年齢で、最低3ヶ月は母犬や兄弟たちと過ごさせて、もしも飼えなくなったら戻してもらう。年齢が来たらそれぞれの遺伝疾患の検査してもらって、データを集めて公開したいので、とてもじゃないが自分は繁殖できる環境もなんも無いと思うし。

お金のためと割り切れる人はできるでしょうな。あくまでも犬は生活の為とか。
真摯に繁殖をしている鰤は儲からんと思うもの。
つーか、鰤減ってくれてもいいくらいじゃね?どんだけ産まれて、どんだけ放棄されてるんだか今って。

つーか、あたしは同級生のオカンから、犬屋だと思われていたのけ?(爆)おい。
しがない(元)会社員ですがな、あたしなぞ。

もしも、犬の仕事ができるのならば、繁殖じゃなくて、訓練とかホリスティックの知識を生かした方の仕事がしたいわよ。若けりゃねぇ(笑)

前に軽トラに4頭以上犬積んでたおっちゃん見たけど、おばちゃんから見たらあれも犬屋かえ?

| はく | 2010-12-20 | comments:0 | EDIT | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。